大腸がんの転移をブロック【がん治療で健やかニコヤか生活】

遺伝による癌の可能性

深く考える

癌はとても恐ろしい病気となっていています。そのため、多くの方が癌にならないように日頃から努力しています。食事に気をつけたり、タバコを吸わないようにしたりなど色々な対策を取っています。
ですが、癌は生活習慣の他にも遺伝でかかりやすくなる人がいます。遺伝というのは先天的なもので、自分の親や祖父母が癌にかかった事がある時には注意が必要です。なぜなら、今は癌にかかっていなくても、急に癌が発病する可能性があるためです。
なので、家族に癌にかかったことがある人がいる時には、遺伝で癌になる可能性が出てくるのです。また、遺伝での癌は掛かる箇所も同じような箇所が癌になる確率が高いです。例えば、大腸がんになったことのある家族がいると、その子供も大腸がんになる可能性があるのです。
そのため、健康に気を使っている方でも病院での定期的な検診が必要になるのです。また、早期に癌を発見できれば、転移する可能性が少なくなります。

大腸がんになると、お腹が痛くなり血便が出てくることがあります。そのため、癌の中では比較的発見しやすい部分となります。また、手術も他の臓器に比べると手術が比較的行い易い臓器となっています。
ですが、大腸がんは肝転移や肺転移をし易い場所なので注意が必要になります。特に、肺に癌が転移すると厄介です。なぜなら、肺は手術を行うことが難しい箇所となっているからです。そのため、大腸がんになったら他の臓器への転移を気をつける必要があります。